ぬまづ歴たび★ピックアップ(Ⅳ)沼津市内の神社

沼津市内にはぬまづの宝100選に選定の「岡宮浅間神社のクス」をはじめ「沼津日枝神社(山王宮)」「丸子神社&浅間神社」「大瀬神社」などの主要な神社、またその外にも市内を散策すると解りますが、沢山の神社がございます。

沼津市内の神社を全てリストアップ&地図へのマッピングする作業を進めておりました。
その結果、合計で126か所ある事が判りました。
(2018年8月13日現在)

主な内訳として

・愛鷹神社;4か所
・稲荷神社:11か所
稲荷神社(いなりじんじゃ)・稲荷社(いなりしゃ)は稲荷神を祀る神社。京都市伏見区深草にある伏見稲荷大社が神道上の稲荷神社の総本宮となっている[1]。神社のうちで稲荷神社は、2970社(主祭神として)[2]、32000社(境内社・合祀など全ての分祀社)[3]を数え、屋敷神として個人や企業などに祀られているものや、山野や路地の小祠まで入れると稲荷神を祀る社はさらに膨大な数にのぼる。
wikipedia:稲荷神社より
・山神社:10か所
・神明宮&神明神社:14か所
神明神社(しんめいじんじゃ)は、天照大御神を主祭神とし、伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)を総本社とする神社である。神明社(しんめいしゃ)、神明宮(しんめいぐう)、皇大神社(こうたいじんじゃ)、天祖神社(てんそじんじゃ)などともいい、通称として「お伊勢さん」と呼ばれることが多い。
Wikipedia:神明神社より
・浅間神社:9か所
浅間神社(せんげんじんじゃ/あさまじんじゃ)は、「浅間」を社名とする神社。主に富士山に対する信仰(富士信仰/浅間信仰)の神社である。
Wikipedia:浅間神社より
・八幡宮&八幡神社:13か所

八幡宮(はちまんぐう)は、八幡神を祭神とする神社。八幡神社、八幡社、八幡さまとも表記・呼称される。全国に約44,000社あり、大分県宇佐市の宇佐神宮を総本社とする。
Wikipedia:八幡宮より

・熊野神社:4か所
熊野神社(くまのじんじゃ)は、熊野三山の祭神の勧請を受けた神社である。同名または熊野社(くまのしゃ・ゆやしゃ・いやしゃ)・十二所神社(じゅうにそじんじゃ、じゅうにしょじんじゃ)など類似の社名の神社が全国各地にある。
Wikipedia:熊野神社より
・金毘羅神社:3か所
金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)、琴平神社(ことひらじんじゃ)、事比羅神社(ことひらじんじゃ)、金比羅神社(こんぴらじんじゃ)は、香川県仲多度郡琴平町の金刀比羅宮を総本宮とし、その主祭神である大物主神を祀る神社であり、日本全国に存在する。「神社」ではなく「宮」と称するものもある。
Wikipedia:金毘羅神社より
など。
今後、繋がりを見つけては、「ぬまづ歴たび」としてのプランニングが出来たらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です